BLOGブログ

テレワークで広がる派遣社員の可能性に注目しよう!

 

テレワーク」とか「リモートワーク」と呼ばれる働き方に、日本中の企業が注目しています。

 

働く側にも、企業側にも、色々なメリットがあるので、テレワークの動きは今後も活発になっていくでしょう

 

そんなテレワークという働き方、じつは派遣社員にも広がっているんですよ!

 

 

テレワークが派遣にもたらす将来性

 

派遣社員でもテレワークが可能になると、派遣社員・派遣会社・派遣先、すべての当事者にメリットが生まれます。

 

【テレワークがもたらすメリット】

  • 派遣社員:通勤時間がなくなり、職探しの幅が広がる
  • 派遣会社:全国展開しやすくなり、人材も豊富に募集できる。マッチング精度も向上する
  • 派遣先企業:デスクや設備など、コストを削減できる。生産性が向上する

 

派遣社員の立場からすると、通勤によるストレスがなくなり、交通費もかからないので、働く意欲がアップします。交通費が支給されない派遣社員にとっては、すごく大きなメリットになりますね!

 

しかも、通勤という考え方がなくなるので、全国の派遣先が職探しの対象となり、希望の仕事に就ける可能性が高くなります

 

テレワークのメリットについて「テレワークで派遣の仕事をするとメリットが多すぎる!」でも解説しているので、よければ参考にしてください!

 

 

派遣にもテレワークが浸透する理由

 

新型コロナウイルスの蔓延によって、テレワークにも注目が集まりましたが、これから本格的に定着していく働き方になります。

 

「社会的な背景」と「働く側の事情」により、派遣という雇用形態は増え、さらにテレワークのような働き方ができる業種に、人材は集中していくと予想しています

 

【社会的な背景】

  • 少子化で人材の確保が困難
  • 人件費を抑制して生産性を高めたい
  • 労働時間の短縮(働き方改革の一環)
  • 災害や感染症による混乱

 

【働く側の事情】

  • 子育てや介護により在宅勤務しかできない
  • 家賃が高くて都心部に住めない
  • プライベートな時間を優先させたい
  • 通勤のストレスを減らした

 

これはあくまでも一例ですが、こういった背景や事情があるうえに、5Gが普及すれば通信環境もより良くなるので、テレワークやリモートワークは確実に増えていくでしょう!

 

一方、テレワークで募集される仕事には、どのようなものがあるのでしょう?

 

 

派遣で募集されるテレワークの例

 

それでは、現在テレワークで募集される仕事を、一部紹介してきますね。

 

【テレワーク型派遣の仕事】

  • データ入力
  • 事務および経理
  • エンジニア
  • デザイナー
  • マーケティング

 

こういった仕事についてはテレワークが可能なので、派遣先の企業も積極的に導入しているところが増えつつあります。

 

これからも、テレワークという働き方の流れは強くなっていくので、在宅派遣という労働形態が主流になる日も近そうです

 

まずは派遣会社に登録して、テレワーク可能な仕事があるかどうか、派遣会社のスタッフに問い合わせてみましょう!