BLOGブログ

ピッキング作業って何をするの?派遣の人気アルバイト

 

派遣のアルバイト募集でよく目にする「ピッキング作業」という仕事、一人で黙々と作業をしたい人に向いている作業です。

 

時給も比較的高い職場が多く、残業があったり、夜間帯に勤務する案件もあります。

 

基本的に単純作業(伝票を見て商品を集める)ですから、未経験者でもすぐにできる仕事です

 

 

ピッキング作業の時給はどれくらい?

 

ピッキング作業の気になる時給ですが「1,000~1,200円」というのが、一般的な相場になっているようです。

 

残業ありの派遣先を選べば、日によっては残業をすることができます。8時間を超える分については、時給に25%が上乗せされます

 

【時給1,000円で9時間働いたとき】

  • 1,000円×9時間+1,000円×25%(時間外手当1時間)=9,250円

 

 

残業(時間外手当)をすると時給がアップするのもありがたいですが、そもそも残業をできることがメリットです。

 

派遣社員やアルバイトというのは、基本的に残業はさせてもらえません。稼ぎたい人にとっては、残業をさせてくれること自体がありがたいです

 

その他にも、夜間のピッキング作業のアルバイトもあります。夜勤になりますから時給は高めになり「1,000~1,600円」くらいが相場になっています。

 

より稼ぎたい人は、夜間のアルバイトも検討してみてはいかがでしょうか。

 

 

ピッキングの作業内容って?

 

一般的なピッキング作業は、指定された商品を倉庫の中から運んでくるという作業です。Amazonの倉庫で行うピッキング作業などが有名です。

 

個人のお客様や取引先の店舗が発注した商品を、倉庫内から集めてくるだけですから、未経験者でもできる仕事です。

 

ほとんどの場合、大きな倉庫内に色々な商品が保管されています。作業員は伝票などを見ながら、倉庫内を回って商品を集めてくるだけです。

 

 

ピッキングは軽作業に含まれますから、基本的に大きな商品を取り扱うことはなく、女性でも持ち運べるものばかりです

 

倉庫内を歩き回って商品を集めてくるので、体を動かしたい人にとっては、お金ももらえて運動不足も解消でき、一石二鳥の仕事かもしれません。

 

 

個人的なノルマはない場合が多いですが、職場全体としてのノルマはありますので、あまりに遅いと契約更新してもらえないこともあります。

 

ただし、基本的には単純作業ですから、慣れてきたら自然と作業スピードも上がってくるので、心配することはありません。

 

黙々と動いて作業をするだけなので、煩わしい人間関係に悩まされることもありませんよ!

 

 

ピッキング作業の注意点とは?

 

ピッキング作業をする場所は、大きな物流倉庫というのが一般的です

 

こういう大きな倉庫というのは、空調設備があっても十分に効いていないことがほとんどです。

 

  • 夏場はとても暑いので、水分補給をしっかりするように注意が必要です
  • 冬場は寒いことが多いので、防寒対策が必要です

 

とくに食品を取り扱うような倉庫の場合は、常に倉庫内が冷蔵になっていますので、寒さ対策は必須です。

 

また、倉庫内の床はかなり硬く、そういった場所を一日中歩くことになるので、疲れがたまりにくい靴を選ぶのもポイントです。

 

 

いま、アルバイトには軽作業が人気です。派遣会社を通せば、いろいろなアルバイトが見つかるはずです。

 

こちらの「短期・単発のバイトには軽作業がおすすめ!派遣を通せばOK」も参考にしてください!