BLOGブログ

派遣社員なら「無期雇用派遣」を目指してみては?安定した働き方です

 

派遣で仕事をするとき、やはり不安に思うのが「雇用の不安定さ」ではないでしょうか。

 

派遣社員として働くとき、一般的に「派遣先との契約期間が短い」というのもあり、契約が更新されるかどうかで精神的にも不安定になりやすいです。

 

しかし現在は「無期雇用派遣」という形があり、これは派遣会社と雇用関係を結んで、派遣先の会社へ派遣されるという仕組みです。

 

無期雇用派遣には、もちろんメリットとデメリットがあります。無期雇用派遣の特徴と併せてお伝えしていきます。

 

 

無期雇用派遣で働くメリット

 

無期雇用派遣で働くメリットは、主に以下のもが挙げられます。

 

  • 収入が途切れない
  • 月給制になる
  • 昇給やボーナスがある
  • 交通費が出る
  • 同じ職場で働き続けられる
  • キャリア形成の支援を受けられる

 

無期雇用派遣になる最大のメリットは、収入が途切れなくなることです。派遣会社から常に雇用されている状態になるので、派遣先が決まっていないとき(待機中)でも給料をもらえます。

 

さらに、給料は月給制になるので、毎月の収入が安定するのもメリットです。交通費の支給があるのも大きなメリットです

 

無期雇用派遣のメリットについては「無期雇用派遣にはメリットが多すぎる!正社員にも勝るメリットも」を参考にしてください。

 

派遣社員として働く意欲がある人は、この無期雇用派遣の制度を利用してみるといいです。ぜひチャレンジしてみましょう。

 

 

無期雇用派遣と通常派遣の違い

 

通常の派遣と「無期雇用派遣」の違いは、雇用契約のタイミングにあります。

 

【雇用契約の違い】

  • 通常の派遣:スタッフ登録をすると、派遣期間のみ雇用関係が生まれる
  • 無期雇用派遣:採用されると、派遣会社に無期限で雇用される

 

通常の派遣というのは、派遣会社に登録しておき、派遣先に勤務している期間だけ雇用関係が生まれる仕組みになっています。ですから、派遣先で仕事をしているときだけ収入が発生します。

 

無期雇用派遣というのは、派遣会社に常時雇用されている状態ですから、派遣先が見つかるまでの待機中も給料がもらえます

 

もちろん、無期雇用派遣のほうがメリットは多いですから、派遣会社の採用選考に応募して通過する必要があります。無期雇用派遣の詳細については、ぜひ派遣会社に問い合わせてみましょう!

 

 

無期雇用派遣で働くデメリット

 

縛られず自由な働き方をしたい人にとって、常に雇われている「無期雇用派遣」はデメリットに感じるかもしれません。

 

派遣会社としても待機中も給料を払い続けなければならないので、可能な限り派遣先に就業している状態を作りたいのです。ですから、好きなときに、好きな場所で、という働き方は、できないかもしれません。

 

安定を求めて無期雇用派遣で働きたいとしても、派遣会社による採用選考を通過しなければなりません。必ずしも採用を通過できるとは限りません。採用選考を通過するには、一定のスキルはもちろんですが、働く意欲も必要です。

 

働く意欲がある人にとっては、無期雇用派遣はとても良いシステムですから、ぜひ応募してみましょう!