BLOGブログ

ライン作業の現場でキツいと感じる瞬間!その解決方法とは

 

工場でのライン作業は、派遣の募集でもよく見かける仕事です。このライン作業という仕事は、人によって「キツい」と感じてしまうこともあるようです

 

どのようなときに、仕事がキツいと感じるのでしょうか、その解決方法もあわせてお伝えしようと思います。

 

じつは、ライン作業にも「楽しい」と感じる瞬間だってあるんですよ!

 

 

ライン作業のどんなことがキツいのか?

 

ライン作業の仕事についての感想を、インターネットで調べてみたところ・・・

 

  • キツい
  • ツラい
  • 楽しい
  • 楽すぎる etc

 

人によって色々と「感じかた」が違うようです。

 

ライン作業といっても色々な仕事があり、一概にキツいとは言えないです。慣れてしまえば「楽に感じる」ことも多いのが、ライン作業の特徴です

 

 

たとえば、自動車工場のように重たい部品を扱うときは、一日中動かなければいけないので、体力的にキツいと感じる人もいます。ただ、慣れるまでが大変に感じるだけであって、慣れてしまえば「楽に作業ができる」ようになります

 

ライン作業というのは、基本的に単純作業の繰り返しなので、一度でも作業を覚えてしまえば、だいぶ楽に仕事をすることができます。

 

 

一方、食品加工、化粧品の検品、雑貨の梱包など、ベルトコンベアーの流れに合わせて行う軽作業では、キツいと感じることが少し違ったりします。

 

【ライン作業でキツいと感じる瞬間】

  • スピードが速く感じる
  • 立ちっぱなしで足が疲れる
  • 自由にトイレに行けない
  • 食べ物の匂いがすごい
  • 時間が経つのが遅い
  • 作業に飽きてくる etc

 

逆に、立って作業しているだけだから「とても楽な仕事」というふうに、真逆の感想をもつ人たちもいるんですよ!

 

 

キツいと感じたときの対処法

 

前述したように、工場でもライン作業というのは、単純作業の繰り返しです。

 

作業に慣れない → キツく感じる → 作業に慣れる → 楽に感じる → 飽きてくる

 

基本的には、上記のような流れで「キツく感じたり」「楽に感じだり」を繰り返していきます。1日でも早く「作業を覚えてしまう」ことが、キツさを感じなくなる一番の対処法です。

 

 

先輩たちの作業を目で盗んだり、休憩時間にコツを聞くなどして、早く作業を覚えてしまいましょう!

 

会話のきっかけにもなるので「人に聞く」ことは、とてもいいことです。

 

 

ライン作業の楽しいところはないの?

 

ライン作業をしていて「楽しい」と思う瞬間ってあるのでしょうか?

 

日本人って「モノ作り」が好きな人が多いので、意外にも「モノ作りの現場」に立ち会えるということで、ライン作業を楽しいと感じる人もいます

 

自分の好きな商品とか、好きなメーカーの製品に関われるチャンスがあるのも、ライン作業の魅力の1つです。自分のやってみたい仕事があるかどうか、派遣会社に登録すれば教えてもらえますよ!

 

派遣会社を通して紹介されるライン作業は、未経験者でもできる単純な仕事ばかりです。

 

しかも、ライン作業での仕事は種類が豊富ですから、遠慮なく派遣会社のスタッフに相談するといいですよ。