BLOGブログ

派遣の待遇が変わってほしい!同一労働同一賃金がスタートします

 

派遣で働いていると「給料が安い派遣社員のほうが、給料の高い正社員よりも働く」というような、正社員と派遣社員における「待遇の違い」を痛感することがあります。

 

しかし、働き方改革の一環として「同一労働同一賃金」がスタートします。そして、派遣社員や契約社員などの、いわゆる「非正規雇用」といわれる労働者の待遇が、これから改善していく流れになっていきます。

 

今後はますます、正社員という働き方が、大きく変わっていくことになるでしょう。

 

 

派遣の待遇が変わる?同一労働同一賃金

 

働き方改革の目玉として注目されている「同一労働同一賃金」が、2020年4月より大企業から順に導入されていく予定です。

 

これにより「不合理な待遇差をなくすための規定」が整備されることになります。

 

 

  • 同一企業内において、正社員と非正規雇用労働者との間で、基本給や賞与などのあらゆる待遇について、不合理な待遇差を設けることが禁止されます。厚生労働省(働き方改革特設サイト)

 

簡単に説明すると「同じ仕事内容であれば、同じ賃金にしなさい」ということです。同じ仕事をしていて能力や実績が同じなら、正社員と派遣社員といった雇用形態だけで賃金差がつけられなくなります。

 

これによって、派遣で働いていても「能力や実績」が同じなら、正社員と同じ給料をもらえることが可能になっていくでしょう。

 

 

同一労働同一賃金のメリット

 

同一労働同一賃金が導入されることで、様々なメリットが発生します。

 

  • 給料
  • 福利厚生
  • 教育訓練
  • キャリアアップ

 

「同一労働同一賃金のガイドライン」では、給料だけでなく「福利厚生」や「教育訓練の機会」なども、改善の対象となっています。派遣社員であっても、仕事に必要なスキルや知識を身につけるための、教育や訓練を受けることができるようになります。

 

それにより、正社員と同様にキャリアアップができたり、活躍の場が拡大したりするので、派遣としてでも仕事にやりがいを持てるようになります。

 

多くの派遣社員は、給料に「交通費」が含まれていましたが、交通費や食事手当てなどは別途支給される動きが出てくるかもしれません。そうなると、派遣の待遇は確実に上がっていきます

 

 

正社員はどうなる?

 

企業側としては、正社員の給料を下げるわけにはいかないので、派遣社員などの非正規雇用されている労働者の給料を上げるしかありません。そうなると人件費が高騰するので、正社員のボーナスや昇給に影響が出てくるはずです。今後ますます、正社員という働き方のメリットは少なくなっていくでしょう

 

しかも、派遣社員と能力が同じであれば、正社員はリストラされる可能性も出てきます。退職金や終身雇用などは、夢のまた夢です。

 

正社員として働くことに疑問を感じたら「あえて正社員にならない人が増えている?派遣として働くメリット」も、ぜひ参考にしてみてください。

 

正社員や派遣社員といった雇用形態に関係なく、スキルや経験をもっている人が「あらゆる待遇面」で優遇される時代となっていきます。派遣で働きながらスキルを磨くというのも、一つの働き方ですね。