BLOGブログ

派遣社員は「退職届」を出さなくてもOK!退職後はどうする?

 

派遣の仕事を辞めるときに、退職届を出すべきか悩む人もいます。結論から言うと「退職届」を出す必要はありません

 

派遣社員というのは有期契約ですから、契約を更新しなければ「契約満了」で退職できるからです

 

【派遣社員が退職するケース】

  • 期間満了による退職
  • 自己都合による退職

 

どちらの場合も、退職届を出す必要はないのですが、まれに派遣会社から退職届の提出を求められることがあります。

 

そいうときは、提出しなければならない理由を、必ず確認するようにしてください。

 

 

契約更新の意思がないことを伝える

 

契約満了という形で退職したいときは、契約更新のときに「更新する意思がない」ことを、派遣会社に伝えましょう。

 

退職する意思は、派遣会社から派遣先に伝えてもらえるので、自分で派遣先に伝える必要はありません。お世話になった派遣先に、どうしても退職を伝えたいときは、派遣会社に相談してからにしましょう

 

派遣会社へ伝える前に派遣先に申し出てしまうと、余計なトラブルに巻き込まれる可能性もありますから、注意してください。

 

 

自己都合のときは1ヶ月前には伝える

 

契約満了という形で退職するときは、退職届を出す必要はありませんでした。しかし、契約期間中に自己都合で退職するときは、早めに派遣会社へ伝えるようにしましょう。

 

少なくとも、退職したい日の「1ヶ月前まで」には、退職の意思があることを、派遣会社に伝えるようにしてください。

 

原則として、派遣社員の場合は「やむ得ない事由」がない限り、契約期間中は退職することができません

 

【やむ得ない事由】とは

  1. 心身の障害、疾病など
  2. 両親や子供の病気の介護など
  3. 業務が法令に違反していること

 

この他の理由で、どうしても退職をしたいときは、まず派遣会社の担当スタッフに相談しましょう。

 

突然「無断欠勤」することは、マナー違反になりますから絶対にやめてください。

 

契約中の退職については「派遣の契約中だけど転職したい!マナーは守りましょう」を参考にしてください。

 

 

退職した後はどうする?

 

どんな事情があるにせよ、派遣の仕事を退職すると「やらなければならないこと」があります。

 

次の職が決まっていればいいのですが、職探しをする場合は、社会保険などの手続きが必要になります。

 

【退職後にやっておくこと】

  • 国民健康保険の切り替え
  • 国民年金への加入手続き
  • ハローワークでの申請 etc

 

以下の記事も、ぜひ参考にしてください。

 

 

派遣先での仕事や環境に不満があり、どうしても退職したい(契約を更新したくない)と思ったら、派遣会社のスタッフに相談しましょう

 

新しい派遣先の紹介も含めて相談しておけば、退職後もスムーズに新しい派遣先へ就業できる可能性が高いです。

 

「嫌になったから突然辞める」

 

これは明らかに「マナー違反」ですから、絶対にやってはいけません