BLOGブログ

40代になったら派遣か?正社員か?どちらもスキルアップが鍵になる

 

40代になるとリストラの対象にもなり始め、転職を考え始める人も増えていきます。

 

一昔前なら「会社に残るか、転職するか」という悩みでしたが、いまでは「正社員か、派遣か」で悩む人も多くなってきています。それだけ、正社員のメリットでもある「雇用と収入の安定性」がなくなってきている証拠でもあります

 

派遣で働こうが、正社員で働こうが、これからの時代は「スキル」を身につけていないと、安定して長く働くことは、どんどん難しくなっていきます。

 

安定して働きながら、ゆとりある生活を送るには、個人のスキルアップが鍵になるんです!

 

 

派遣社員のメリットとデメリット

 

派遣社員として働く「メリット」と「デメリット」は、以下になります。

 

【派遣のメリット】

  • 残業がないので自分の時間をもてる
  • 派遣の待遇がよくなる(同一労働同一賃金など)
  • 副業をしやすくなる(収入源が増える)
  • 仕事によっては正社員以上の給料になる
  • 無期雇用派遣になれば収入は安定する

 

【派遣のデメリット】

  • 待機中は仕事がないので無収入になる
  • 派遣先の都合で契約を打ち切られる
  • ボーナス、交通費は支給されないことが多い
  • ローンを組むときに不利なことがある

 

派遣で働くときは、このようなメリットやデメリットがあります。

 

派遣と聞くと「不安定さ」をイメージしやすいですが、働き方改革により「派遣や契約社員の待遇」は、これからどんどん改善していきます。仕事内容の待遇だけでなく、給料面での待遇も、改善が期待されています

 

 

正社員のメリットとデメリット

 

一方で、正社員としての「メリット」と「デメリット」は、以下のものです。

 

【正社員のメリット】

  • 毎月、安定した収入がある
  • 社会保障や福利厚生がしっかりしている
  • 会社の業績が良ければ収入が増える(ボーナス、昇給など)
  • 各種ローンが組みやすい

 

【正社員のデメリット】

  • サービス残業がある
  • 副業を禁止されていることが多い
  • 転勤や異動がある
  • 突然のリストラがある

 

昔ほどではないにせよ、正社員で働くことは「安定」につながります。しかし大企業でも、40代でもリストラされるようになり、すでに「終身雇用制度は崩壊」しています

 

こらから「AI」によって多くの仕事が奪われるので、正社員の最大メリットである「安定性」は徐々に失われていきます。では、どうすればいいのでしょうか?

 

 

年齢に負けないスキルと教養を身につけよう

 

これからの時代は「個人のスキル」が、より一層重視されることになります。派遣とか正社員に関係なく、スキルのある人が優先的に仕事をもらえる時代です

 

正社員という形がなくなり、プロジェクトごとに集まるといった働き方に、こらからはシフトしていきます(厚生労働省の意見)。詳しくは「あえて正社員にならない人が増えている?派遣として働くメリット」で解説しましたので、参考にしてください。

 

今すぐできることは「スキルアップ」「知識と教養を身につける」といったことです。この2つがあれば、年齢に関係なく働くことができ、それだけ収入も多くなります。

 

派遣会社ではスキルアップの研修を実施していたり、キャリアアップの支援もしています。気になりましたら、ぜひ派遣会社に相談してください!