BLOGブログ

派遣の法律が変わると派遣社員に影響はあるの?(2020年:派遣法改正)

 

2020年4月から「改正派遣法」が施行され、派遣社員や派遣アルバイトの待遇が、これから大きく変わっていきます

 

法律が変わると、派遣会社や派遣先だけでなく、派遣社員にもいろいろな影響が出てきます。とくに、給与面での待遇変化は、派遣社員にとっては一番気になるポイントですよね

 

派遣法改正によって、給与がどのように変化していくのかを、簡単に解説していきます。

 

 

交通費が時給に加算される

 

今まで、派遣社員に「交通費」は支給されないのが一般的でしたが、今回の法改正によって派遣社員にも「交通費が支給」されるようになります。

 

労働時間1時間あたりにつき「72円」以上が、交通費として支払われます

 

【支給方法】

  • 1ヶ月の交通費として「12,480円以上」が支払われる(1日8時間、週5日勤務の場合)
  • 時給に「72円以上」が加算される(交通費を上乗せ)

 

派遣会社によっては、かかった交通費を全額負担(上限付き)してくれる場合もあるので、通勤でどれくらい交通費がかかっているのか、いますぐ計算しておきましょう

 

 

退職金が時給に加算される

 

退職金についても、今回の法改正によって派遣社員にも支払われることになります。

 

派遣スタッフが退職金を受け取る方法は、主に3つあるんですが、ほとんどの場合は「時給に上乗せ」という形になるでしょう。

 

【退職金の受け取り方法】

  • 勤続年数などで算出する一般的な退職金制度として支給
  • 時給に上乗せする「退職金前払い」
  • 中小企業退職金共済制度への加入

 

時給へ上乗せするときは、時給の「6%」が退職金という形で上乗せされるので、時給はアップします。

 

例えば、時給1,000円、1日8時間、週5日勤務、という条件で働いていた場合、時給は「60円」アップします。

  • 60円×8時間×5日=2,400円(1週間あたり)
  • 2,400円×4周=9,600円(1ヶ月あたり)

 

一見すると少ないと思ってしまいがちですが、毎月の給料が「約1万円」もアップとなると、意外と大きな金額ですよね。

 

退職金の支給については「2020年4月から派遣社員でも退職金(給料6%アップ)がもらえる」で詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてください。

 

 

ボーナスが時給に加算される

 

もう一つ、正社員の特権でもある「賞与(ボーナス)」についても、法改正によって上乗せされる可能性があります。賞与の有無についても、情報開示が義務化されました。

 

賞与あり」と明示している派遣会社からは、賞与分として時給に「2%」を上乗せした形で支給されます。

 

例えば、時給1,000円、1日8時間、週5日勤務、という条件で働いていた場合、時給は「20円」アップします。

  • 20円×8時間×5日=800円(1週間あたり)
  • 800円×4周=3,200円(1ヶ月あたり)

 

前述した「退職金」と合わせると、1ヶ月あたり「13,000円以上」も給料がアップします。さらに交通費も含めると、かなり手取り額に違いが出るのではないでしょうか。

 

法改正では「同一労働同一賃金」も導入されるので、派遣社員でもボーナスが支給される対象となります。

 

交通費や退職金だけでなく、ボーナスについても派遣会社に確認するといいですよ

 

同一労働同一賃金については「派遣の待遇が変わってほしい!同一労働同一賃金がスタートします」で解説していますので、参考にしてください。