BLOGブログ

突然、派遣先から契約を終了されるのはなぜ?対策をいくつかお伝えします!

 

派遣で働いていて、ついつい不安に思ってしまうのが「契約更新」について。次の契約は更新されるのか、契約が打ち切られてしまわないか、こういう不安な日々を過ごしている人はやはり多いです。

 

中には「突然契約を打ち切られた」というケースもあり、派遣で働く人にとって「契約終了」というのは切っても切れない問題です。

 

契約を終了される原因は「自分にある」ということも多いですが、それを分かっていない人も多いのが実際です。突然の契約終了にならないための対策と、止むを得ず契約を終了になった場合の対応についても、お伝えしていきます。

 

 

派遣の契約が終了となってしまう主な理由

 

派遣先との契約が終了となる主な理由は、以下の通りです。

 

  • 派遣先でトラブルを起こす(情報漏洩、法律違反など)
  • 勤務態度が悪い(遅刻、欠勤、私語など)
  • 周りとの人間関係が良くない
  • 求められるスキルに達していない(成長しない、戦力にならない)
  • 派遣先の都合(人員削減、業績悪化など)

 

これらが主な理由ですが、ほとんどは「個人の問題」という点に注意してください。周囲の人とコミュニケーションを取りながら、普通に働いていれば、突然契約を終了されてしまうことはほとんどありません。

 

 

突然の契約終了にならないための対策

 

まず、派遣先の会社についての情報を外部に漏らすことは、絶対に行ってはいけないことです。個人情報や会社内部の情報など、情報漏洩した場合は即刻クビになります

 

情報漏洩によって会社が損害受けた場合、損害賠償などの訴えを起こされるケースもありますから、情報の取り扱いには注意しましょう。

 

さらに、遅刻や欠勤が多いのも、派遣先に与える印象は良くありません。ましてや、無断欠勤などは社会人としてのマナー違反になるので、体調不良などで欠勤するときは、必ず連絡をしましょう

 

そして、派遣先の求めるスキルに見合っていないのも、契約を終了になる大きな理由になります。1日1日スキルアップできるように、目の前の仕事に取り組みましょう。

 

どうしても派遣先の仕事についていけないときは、すぐに派遣会社の担当スタッフに相談してください。

 

 

派遣契約が終了になったらどうすればいいか?

 

派遣会社の都合によっても、派遣先との契約を突然終了になることもあります。自分に落ち度はなくても、契約終了になってしまうケースもあるのが実情です。

 

契約が終了して慌ててしまわないためにも、契約が終了になったときの対応を「あらかじめ想定しておく」ことが大切です。

 

  1. 失業手当の手続きをする
  2. 新しい派遣先を紹介してもらう
  3. 別の派遣会社にも登録しておく
  4. 無期雇用派遣に応募してみる

 

1と2については、契約が終了してしまったときの対応です。

 

新しい派遣先を紹介してもらうには、少し時間がかかることもあるので、普段から派遣会社とはコミュニケーションを取っておきましょう。

 

3と4については、派遣会社に登録するときにできる対応策です。

 

派遣会社の複数登録は、無収入期間を短くするための「リスク管理」にもなります。無期雇用派遣になれば、待機中も派遣会社から給料がもらえるので、収入面での不安は大きく軽減できます

 

▼こちらも参考にしてください。

失業保険は派遣に登録しても受け取れます!むしろ登録すべきです

派遣登録を複数しておくメリットと注意点!複数登録OKです

派遣社員なら「無期雇用派遣」を目指してみては?安定した働き方です