BLOGブログ

データ入力作業のメリット&デメリット|まずは派遣に登録しておこう!

 

様々な企業から「データ入力」の案件が出ていますが、今回はデータ入力作業の「メリット」と「デメリット」についてお伝えします。

 

データ入力の仕事をしたいときは、派遣会社に登録してから、自分の希望を伝えつつ応募をするといいでしょう!

 

 

データ入力作業のメリット

 

それではまず、データ入力の仕事をする「メリット」をいくつか挙げてみます。

 

【主なメリット】

  • パソコンのスキルが向上する
  • 人間関係のストレスが少ない
  • 立ち仕事をしなくてよい
  • 営業など外回りをしなくてよい
  • 未経験でも始めやすい

 

パソコンのスキルが向上する

 

タイピングのスキルは格段に向上します。

 

もちろん「ワード(Word)」や「エクセル(Excel)」といったソフトも、使いこなせるようになります。

 

インターネット環境や、パソコン自体にも詳しくなるので、今後の「仕事の幅を広げる」ことも可能になるはずです!

 

人間関係のストレスが少ない

 

作業中は黙々とデータの打ち込みをするので、周りの人たちとコミュニケーションをとる機会は少ないです。

 

人と話すのが苦手でも、問題なく仕事をすることができます。

 

要求されるスキルは「正確性」とある程度の「スピード」です。コミュニケーション能力は、最低限で大丈夫です。

 

立ち仕事をしなくてよい

 

デスクワークがほとんどなので、立ち仕事などをする機会はありません。

 

体力に自信がない人でも、問題なく続けられる仕事です。

 

■営業など外回りをしなくてよい

 

営業活動をしたり、受け付けなどをすることはありません。もちろん、外回りの仕事もありません。

 

職場内でひたすらデータ入力などの作業をしていくだけです。

 

未経験でも始めやすい

 

特別なスキルを必要とされないので、初心者でも安心して始められる仕事です。

 

「ワード(Word)」に文字を入力していくだけの、簡単な作業もあります。

 

 

データ入力作業のデメリット

 

では次に、データ入力作業の「デメリット」を挙げてみます。

 

【主なデメリット】

  • 飽きてくる
  • 目が疲れたり肩が凝る
  • ノルマを設定されることがある
  • スピードを求められることがある

 

飽きてくる

 

データ入力の仕事は、どれも単純作業の繰り返しです。パソコンで地道に、文字や数字を入力していくだけですから、飽きてしまうのが難点です

 

基本的に、同じような作業の繰り返しです。

 

スピードを意識して、自分の記録に挑戦してみるなど、自分なりの「飽き対策」をするといいかもしれません。

 

目が疲れたり肩が凝る

 

一日中パソコンを見ているので、目の疲れは必ず出てきます。ブルーライトカットの眼鏡は必須ですから、あらかじめ準備しておきましょう

 

さらに長時間のデスクワークになりますから、肩こりや腰痛にもなりやすいです。

 

作業の合間に休憩をしながらストレッチをしたり、お風呂に入るときはマッサージなどをしておくといいですよ。

 

ノルマを設定されることがある

 

派遣先によっては、ノルマを設定されることもあります。とはいえ達成不可能なノルマではないので、あまり心配する必要はありません。

 

ノルマがあるとプレッシャーに感じる人は、派遣先をしっかり選んでおくといいです。

 

最初から達成不可能が分かるようなノルマなら、事前に相談しましょう

 

スピードを求められることがある

 

あまりに作業が遅い場合は、スピードを求められることがあります。

 

スピードが速くても、正確性がなければ、それは致命的です。ただ正確さを求めるがあまり、作業スピードが遅いのは「生産性が低い」と見られます。

 

焦る必要はりませんが、早く作業に慣れることが一番大切です。

 

 

初心者でも採用されるために

 

今では色々な企業が、データ入力の募集をしています。アルバイトやパートでも、人気がある仕事の一つです。未経験者でも採用されることが多いので、思い切って応募してみるのもいいですね。

 

もちろん「ワード(Word)」や「エクセル(Excel)」が使えれば、採用される確率は高くなります。特に「エクセル」が使えると、戦力として重宝されますよ!

 

最初は、簡単な作業から任されることが多いので、安心して働くことができます。慣れてきたら、高度な作業を任されるようになることもあります。

 

 

派遣先によって扱うデータは様々です。

 

まずは派遣会社に登録して、派遣会社のスタッフに相談してみるのといいですよ!