BLOGブログ

クリエイティブ系の派遣|時給はどれくらい?どんな仕事なの?

 

デザイナーや、クリエイターといった、派遣で募集されているクリエイティブ系の仕事は、どのような内容で、さらに時給はどれくらいなのでしょうか。

 

Web系の仕事は需要も多くて、時給も平均より高めに設定されています

 

スキルを高めたり、経験を積んでいくことで、好条件・高待遇で仕事ができるようになっていきますよ!

 

 

「クリエイティブ系」派遣の平均時給

 

三大都市圏(関東・東海・関西)における「クリエイティブ系派遣」の時給は、平均で「1,830円」となっています。各地域の平均時給は以下の通りです。

 

【三大都市圏のクリエイティブ系派遣「平均時給」】

  • 関東:1,894円
  • 東海:1,484円
  • 関西:1,527円

 

やはり関東は、時給も高く、案件数も多い、というデータが見られます。

 

詳細なデータについては、2020年1月度の「派遣スタッフ募集時平均時給調査」(株式会社リクルートジョブズ)をご参照ください。

 

それでは次に、仕事内容別の平均時給を見ていきましょう。

 

【三大都市圏の仕事別「平均時給」】

  • デザイナー:1,565円
  • Web関連:1,964円
  • 編集・制作・構成:1,706円
  • DTPオペレータ:1,606円

 

クリエイティブ系の仕事でも、やはりWeb関連の時給は総じて高くなっています。ますます需要が増えていく業種なので、この傾向は続くでしょう。

 

デザイナーの仕事は時給が低めですが、Web関連のデザイナーになると、時給はやや高めに設定されていることが多いです。

 

 

クリエイティブ系の派遣ってどんな仕事なの?

 

クリエイティブ系の派遣というと、専門スキルが必要そうなイメージですが、どのような仕事があるのでしょうか?

 

「Webデザイナー」や「Webクリエイター」などは、時給が高めに設定されていて、需要が多い仕事になっています。

 

Webデザイナー

 

ホームページなど「Webサイト」のコンセプトに合わせて、ページをデザインする仕事です。

 

  • 画像
  • 写真
  • イラスト

 

こういったものを「選定・制作」することも、仕事に含まれることがあります。芸術的センスというよりも、顧客のコンセプトに合った提案をできるかがポイントになります

 

Webクリエイター

 

Webデザインよりも、広い範囲の知識が求められます。

 

顧客からの要望や目的などに応じて、Webサイトやコンテンツの制作をしてく仕事です。

 

集客などを目的とする場合、SEO・広告といった部分についても介入していくこともあります。

 

  • SEO:検索されやすいページを作る(検索対策をする)
  • 広告:インターネット広告で宣伝をしていく

 

 

クリエイティブ系派遣で時給アップを狙うには

 

なんといっても、スキルを磨いて、経験を積み重ねることが、時給アップにつながります。

 

  • どのような仕事をしたか
  • どのような成果が出たか
  • どのようなスキルがあるか

 

これをアピールしていくことが重要なので、自分のできることやってきたこと、などは伝えられるように、まとめておきましょう!

 

登録している派遣会社に、希望を伝えたり、自己アピールをしておけば、より条件の良い案件を紹介してくれます。