BLOGブログ

50代の独身女性は派遣で仕事が見つからない?年齢の壁があるのは事実です

 

とくに結婚の予定もない50代の独身女性は、これからも生活のために働き続けなければなりません。正社員でもリストラされる年代なのに・・・

 

  • 派遣で仕事を続けられるのか?
  • 派遣で仕事は見つかるのか?

 

若いときとは違って、こういった不安が常につきまとうのではないでしょうか。

 

派遣で仕事をするにしても「年齢の壁」があることは、承知しておくといいでしょう。しかし「50代」でも派遣の仕事をすることは十分に可能です。

 

 

派遣先を紹介してもらうには特別なスキルが必須

 

派遣先、派遣会社ともに「50代の労働者」を雇うのは、敬遠しがちになります。派遣先にしてみれば、年上の派遣社員は「扱いにくい」という先入観(経験)があるからです

 

派遣会社にしても、派遣先との関係を良好に保っておきたいので、同じスキルであれば「20代とか30代」のスタッフを優先的に派遣する傾向があります。

 

こういった現実を踏まえて、50代の女性に求められるのは「特別なスキル」もしくは「人柄」であることを肝に銘じておくといいです。

 

ですから、スキルアップのために勉強をしておくこと、周囲と円滑なコミュニケーションを図ること、これらは日頃から意識しておきましょう。

 

 

条件を絞りすぎない&短期派遣をこなす

 

女性に人気のある事務系の仕事となると、なかなか仕事を紹介してもらうことは難しくなります。それは若い人が優先されがちだからです。

 

  • 人と接する仕事(コールセンター、接客など)
  • 体力を使う仕事(工場内作業、清掃業、介護など)

 

こういった仕事は「人が集まりにくい」ですから、紹介してもらいやすいです。

 

派遣に登録するとき「あまり条件を厳しくしない」ことが大切になります。通える範囲なら「どんな仕事でも大丈夫です」というスタンスだと、派遣会社も仕事を紹介しやすいです。

 

目に見えない年齢の壁というものは存在しますので、自分の条件だけを押し付けていたら、仕事は紹介されないと思っておいてください。

 

未経験の仕事でも、やってみると意外な発見もあって、楽しいことも多いですよ!

 

 

派遣会社のスタッフと仲良くなる

 

50代になると求められるのが「人間力」です。派遣先でのコミュニケーションだけでなく、派遣会社の人たちとも「仲良く」しておきましょう

 

ポイントとしては、単発や短期の仕事を引き受けて「実績を作る」ことです。これはすごく重要なことです。なぜかというと、単発や短期の仕事というのは、あまり人気がありません。そのため派遣会社は、毎回「人集め」に苦労しているんです。

 

ですから、人が集まらない「短期・単発」といった仕事を積極的に引き受けると、派遣会社からの評価もどんどん高まって、長期の良い仕事を紹介されるようになります。

 

いくら経歴が良くても「人柄はすぐに理解されない」ので、コツコツと実績を作っていくことが大切なんです。

 

 

仕事を選び過ぎると生活は安定しなくなる

 

世間一般の人たちからすれば「50代の独身女性」というのは、扱いにくいという意識があります(実際はそうでなくても)。

 

20代や30代の人に比べたら、良い仕事を紹介される確率はとても低くなります。仕事を選びすぎていると、いつまでも仕事が見つからないので気を付けましょう

 

当然、そうなると生活も不安定になってくるので、精神的なストレスも増えてしまいます。何をすればいいのか分からなければ、まずは派遣会社に相談してください。

 

どういう人材が求められているか?

 

これを派遣会社の担当スタッフに教えてもらいましょう。派遣会社としても、より多くの人に働いてもらいたいと思っているのは確かですから。